HomePage of Kazuho Watanabe (HPKW)

This is my former homepage. The current one is here.
渡辺一帆と申します。
柏の葉キャンパスにおりました。
2009年4月に奈良先端大に異動しました(新しいHP)。
学習システムについて研究しています。

--News(お知らせ、Новости)-----

◇国際会議IFCS(Dresden, Germany, 3/13-18)にて発表しました。 (abstract)
I attended the conference IFCS 2009 and made a presentation. Here's my ppt (PDFed).

◇I made a presentation at the conference, ICONIP2008(Auckland, New Zealand, 11/25-27).
Title:``Firing rate estimation using an approximate Bayesian method''
We apply an approximation technique to the Bayesian estimation of the intantaneous event(spike) rate
from a single sequence of event(spike) counts.<ppt>

日本神経回路学会全国大会(産業技術総合研究所、9/24-26)にて発表しました。
スパイク列から発火率を推定するのにベイズ推定の近似を用いる方法、
久保智洋君との共同研究で、スパイク発火率のMAP推定の性質を調べた研究、
制約付き混合モデルに変分ベイズ法を実装した次元圧縮とクラスタリングの同時最適化法
(赤穂先生(産総研)、大町先生(東北大)、岡田先生との共同研究)の3件。

◇日本神経回路学会論文賞をいただきました。(詳細)
東工大の渡辺澄夫先生の研究室に在籍中の研究で、変分ベイズ法による学習アルゴリズムの 近似精度を解明した研究です。

-------------------------------------------

CV略歴Резюме)
Publications論文たちПубликации
Photos(お写真、Фотографии)

--past presentations(発表したもの、Что я изучил)-----

☆I attended ITSL08(Las Vegas, 7/14-15)
and presented the following paper co-authored with Dr. S.Akaho and Dr. M.Okada.
Title:``Clustering on a Subspace of Exponential Family Using Variational Bayes Method''
In this study, we presented a simultaneous clustering and dimension reduction technique
based on the exponential PCA and variational Bayesian inference.

IBIS2007で発表しました。
お題:``指数型分布族の部分空間上での変分ベイズ的クラスタリング''
赤穂先生、岡田先生との共同研究です。
下記のクラスタリングを低次元部分空間上で行うことで
次元圧縮を同時に行う方法です。
予稿(修正版)<pdf>

☆NC研究会(東北大学、10/18,19)で発表しました。
題目:``変分ベイズ法による混合指数型分布を用いたクラスタリング法''
内容:混合指数型分布を用いたクラスタリングのための
変分ベイズ法による学習アルゴリズムを導出しました。

-------------------------------------------

Давайте познакомимся!!
kazuho <<атмарк>> mns.k.u-tokyo.ac.jp


昔のHPは こちらです。
Prof.Okada lab.