発表論文リスト(永田賢二)


[学位論文]
  1. Kenji Nagata
    Theory of Exchange Monte Carlo Method and Application to Bayesian Learning
    東京工業大学, September 24th, 2008.
[学術論文]
  1. Kenji Nagata, Jun Kitazono, Shin-ichi Nakajima, Satoshi Eifuku, Ryoi Tamura and Masato Okada
    An exhaustive search and stability of sparse estimation for feature selection problem
    IPSJ Transactions on Mathematical Modeling and Its Applications, Vol.8, No.2, pp.23-30, 2015.
  1. Hikaru Takenaka, Kenji Nagata, Takashi Mizokawa and Masato Okada
    Model Selection of NiGa_2S_4 Triangular Lattice by Bayesian Inference.
    Journal of the Physical Society of Japan, Vol.83, 124706, 2014.
  1. Shin Murata, Yosuke Otsubo, Kenji Nagata and Masato Okada
    Oscillations in Spurious States of the Associative Memory Modelwith Synaptic Depression.
    Journal of the Physical Society of Japan, Vol.83, 124004, 2014.
  1. Tatsu Kuwatani, Kenji Nagata, Masato Okada and Mitsuhiro Toriumi
    Markov random field modeling for linear seismic tomography.
    Physical Review E, 90 042137, 2014.
  1. Hiroshi Sekiguchi, Yasuhito Suzuki, Yuri Nishino, Suzuko, Kobayashi, Yoshiko Shimoyama, Weiyan Cai, Kenji Nagata, Masato Okada, Kouhei Ichiyanagi, Noboru Ohta, Naoto Yagi, Atsuo Miyazawa, Tai Kubo and Yuji Sasaki
    Real Time Ligand-Induced Motion Mappings of AChBP and nAChR Using X-ray Single Molecule Tracking.
    Scientific Reports, Vol.4, 6384 (9 pages), 2014.
  1. Kensuke Wakasugi, Tatsu Kuwatani, Kenji Nagata, Hideki Asoh and Masato Okada
    Verification of effectiveness of a probabilistic algorithm for latent structure extraction using an associative memory model.
    Journal of the Physical Society of Japan, Vol.83, 104801, 2014.
  1. Yosuke Otsubo, Jun-ichi Inoue, Kenji Nagata and Masato Okada
    Code-division multiple-access multiuser demodulator by using quantum fluctuations.
    Physical Review E, Vol.90, 012126, 2014.
  1. Hiroko Ichikawa, Jun Kitazono, Kenji Nagata, Akira Manda, Keiichi Shimamura, Ryouichi Sakuta, Masato Okada, Masami K Yamaguchi, So Kanazawa and Ryusuke Kakigi
    Novel method to classify hemodynamics response obtained using multi-channel fNIRS measurements into two groups: Exploring the combinations of channels.
    Frontiers in Human Neuroscience, Vol.8, 480, 2014.
  1. Tatsu Kuwatani, Kenji Nagata, Masato Okada and Mitsuhiro Toriumi
    Markov random field modeling for mapping geofluid distributions from seismic velocity structures.
    Earth, Planets and Space, Vol.66, No.5, pp.1-9, 2014.
  1. Shimpei Yotsukura, Toshiaki Omori, Kenji Nagata and Masato Okada
    Sparse Estimation of Spike-Triggered Average.
    IPSJ Transactions on Mathematical Modeling and its Applications, Vol.7, No.1, pp.15-21, 2014.
  1. Yoshinori Nakanishi-Ohno, Kenji Nagata, Hayaru Shouno and Masato Okada
    Distribution estimation of hyperparameters in Markov random field models.
    Journal of Physics A: Mathematical and Theoretical, Vol.47, No.4, 045001, 2014.
  1. Satoru Tokuda, Kenji Nagata and Masato Okada
    A numerical analysis of learning coefficient in radial basis function network.
    IPSJ Transactions on Mathematical Modeling and its Applications, Vol.6, No.3, pp.117-123, 2013.
  1. Ryo Karakida, Yasuhiko Igarashi, Kenji Nagata and Masato Okada
    Inter-layer correlation in a feed-forward network with intra-layer common noise.
    Journal of the Physical Society of Japan, Vol.82, 046007, 2013.
  1. Yosuke Otsubo, Jun-ichi Inoue, Kenji Nagata and Masato Okada
    Effect of quantum fluctuation in error-correcting codes.
    Physical Review E, Vol.86, 051138, 2012.
  1. Yoshinori Ohno, Kenji Nagata, Tatsu Kuwatani, Hayaru Shouno and Masato Okada
    Determinisitic algorithm for nonlinear Markov random field model.
    Journal of the Physical Society of Japan, Vol.81, 064006, 2012.
  1. Kenji Nagata, Seiji Sugita and Masato Okada
    Bayesian spectral deconvolution with the exchange Monte Carlo method.
    Neural Networks, Vol.28, pp.82-89, 2012.
  1. Miki Aoyagi and Kenji Nagata
    Learning coefficient of generalization error in Bayesian estimation and Vandermonde matrix type singularity.
    Neural Computation, Vol.24, No.6, pp.1569-1610, 2012.
  1. Tatsu Kuwatani, Kenji Nagata, Masato Okada and Mitsuhiro Toriumi
    Precise estimation of pressure-temperature paths from zoned minerals using Markov random field modelling: theory and synthetic inversion.
    Contributions to Mineralogy and Petrology, Vol.163, No.3, pp.547-562, 2012.
  1. Yosuke Otsubo, Kenji Nagata, Masafumi Oizumi and Masato Okada
    Influence of synaptic depression on memory storage capacity.
    Journal of the Physical Society of Japan, Vol.80, No.8, 084004, 2011.
  1. Yosuke Otsubo, Kenji Nagata, Masafumi Oizumi and Masato Okada
    Instabilities in associative memory model with synaptic depression and switching phenomena among attractors.
    Journal of the Physical Society of Japan, Vol.79, No.8, 084002, 2010.
  1. Kenji Nagata and Sumio Watanabe
    Asymptotic Behavior of Exchange Ratio in Exchange Monte Carlo Method.
    Neural Networks, Vol.21, No.7, pp.980-988, 2008.
  1. Kenji Nagata and Sumio Watanabe
    Exchange Monte Carlo Sampling from Bayesian Posterior for Singular Learning Machines.
    IEEE Transactions on Neural Networks, Vol.19, No.7, pp.1253-1266, 2008.
  1. Kenji Nagata and Sumio Watanabe
    Theory and Experiments of Exchange Ratio for Exchange Monte Carlo Method.
    Neural Information Processing - Letters and Reviews, Vol.12, No.1-3, pp.21-30, 2008.
  1. 永田賢二,渡辺澄夫
    カルバック情報量の分割による特異モデルの汎化誤差計算法
    電子情報通信学会論文誌,Vol.j88-D-II,No.6,pp.994-1002,2005.
[国際学会発表]
  1. Kenji Nagata
    Sparse modeling and variable selection with the exchange Monte Carlo method
    International Workshop on Mathematical Approaches to Large-Dimensional Data Analysis, 2014.
  1. Yosuke Otsubo, Jun-ichi Inoue, Kenji Nagata and Masato Okada
    Statistical mechanical studies on the information processing with quantum fluctuation
    American Physical Society (APS) March Meeting 2014, 2014.
  1. Tatsu Kuwatani, Kenji Nagata, Masato Okada, Takahiro Watanabe, Yasumasa Ogawa and Noriyoshi Tsuchiya
    Exhaustive search of elemental combinations for geochemical discrimination of tsunami deposits
    American Geophysical Union, 2013 Fall Meeting, 2013.
  1. Kenji Nagata
    An Efficient Exhaustive Search for Variable Selection Using MCMC method
    ELC International Meeting on “Inference, Computation, and Spin Glasses” (ICSG2013), 2013.
  1. Yosuke Otsubo, Jun-ichi Inoue, Kenji Nagata and Masato Okada
    The effect of quantum fluctuation in information processing
    International Conference on the Diverse Applications of Statistical Physics, SINP, 2013.
  1. Tatsu Kuwatani, Kenji Nagata, Masato Okada and Mitsuhiro Toriumi
    Application of Markov random field models for inversion problems in geosciences
    American Geophysical Union, 2012 Fall Meeting, 2012.
  1. Jun Kitazono, Kenji Nagata, Satoshi Eifuku, Ryoi Tamura and Masato Okada
    Sparse modeling for face identification in monkey anterior temporal cortical areas
    International Symposium on Face Perception and Recognition, 2012.
  1. Kenji Nagata, Sumio Watanabe and Masato Okada
    Analysis of Acceptrance Rate for Metropolis Algorithm and Relationship between Bayesian Learning
    International Society on Bayesian Analysis (ISBA) 2012 Conference, 2012.
  1. Tatsu Kuwatani, Kenji Nagata, Masato Okada and Mitsuhiro Toriumi
    Geofluid mapping by Markov random field model
    Joint Symposium of Misasa-2012 and Geofluid-2, 2012.
  1. Tatsu Kuwatani, Kenji Nagata, Masato Okada and Mitsuhiro Toriumi
    Markov random field modelling for fluid distributions from the seismic velocity structures
    Americal Geophysical Union (AGU) Fall Meeting 2011, 2011.
  1. Seiji Sugita, Kenji Nagata, Nobuko Tsuboi, Takahiro Hiroi and Masato Okada
    A New Modified Gaussian Model (MGM) using a Bayesian estimation approach: toward automated analysis of planetary spectra
    42nd Lunar and Planetary Science Conference (LPSC2011), #2624, 2011.
  1. Nobuko Tsuboi, Seiji Sugita, Takahiro Hiroi, Kenji Nagata and Masato Okada
    A New Modified Gaussian Model (MGM) Using the Cross Validation Method
    41st Lunar and Planetary Science Conference (LPSC2010), #1744, 2010.
  1. Masato Okada, Yasuhiko Igarashi, Yosuke Otsubo, Kenji Nagata and Masafumi Oizumi
    Statistical Mechanics of Attractor Neural Network Models with Synaptic Depression
    International Workshop on Statistical-Mechanical Informatics (IW-SMI2009), pp.132-141, 2009.
  1. Kenji Nagata and Sumio Watanabe
    Design of Exchange Monte Carlo Method for Bayesian Learning in Normal Mixture Models
    International Conference on Neural Information Processing (ICONIP2008),
    LNCS 5506 Springer, pp.696-706, 2008.
  1. Kenji Nagata and Sumio Watanabe
    Experimental Analysis of Exchange Ratio in Exchange Monte Carlo Method
    International Conference on Neural Information Processing (ICONIP2007),
    LNCS 4985 Springer, pp.67-76, 2007.
  1. Kenji Nagata and Sumio Watanabe
    Algebraic Geometric Study of Exchange Monte Carlo Method
    International Conference on Artificial Neural Networks (ICANN2007),
    LNCS 4668 Springer, pp.687-696, 2007.
  1. Kenji Nagata and Sumio Watanabe
    Analysis of Exchange Ratio for Exchange Monte Carlo Method
    the First IEEE Symposium on Foundation on Computational Intelligence (FOCI2007), pp.434-439, 2007.
  1. Kenji Nagata and Sumio Watanabe
    Generalization Performance of Exchange Monte Carlo Method for Normal Mixture Models
    International Conference on Intelligent Data Engineering and Automted Learning (IDEAL2006),
    LNCS 4224 Springer, pp.371-380, 2006.
  1. Keisuke Yamazaki, Kenji Nagata, Sumio Watanabe and Klaus-Robert Mueller
    A Model Selection Method Based on Bound of Learning Coefficient
    International Conference on Artificial Neural Networks (ICANN2006),
    LNCS 4132 Springer, pp.371-380, 2006.
  1. Kenji Nagata and Sumio Watanabe
    The Exchange Monte Carlo Method for Bayesian Learning in Singular Learning Machines
    IEEE World Congress on Computational Intelligence (WCCI2006), pp.6383-6389, 2006.
  1. Kenji Nagata and Sumio Watanabe
    A Method to Approximate the Bayesian Posterior Distribution in Singular Learning Machines
    International Conference on Neural Information Processing (ICONIP2005), pp.31-35, 2005.
  1. Keisuke Yamazaki, Kenji Nagata and Sumio Watanabe
    A New Method of Model Selection Based on Learning Coefficient
    International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2005), pp.389-392, 2005.
[国内学会発表]
  1. 四倉晋平,大森敏明,永田賢二,岡田真人
    スパイクトリガー平均におけるスパース推定
    日本物理学会第68回年次大会,March, 2013.
  1. 北園淳,永田賢二,中島伸一,萬田暁,永福智志,田村了以,岡田真人
    Exaustive Search of Feature Subsets for Support Vector Machine Classification
    第92回数理モデル化と問題解決(MPS)研究発表会 IPSJ SIG Technical Report, Vol.2013-MPS-92, No.8, pp.1-6, February, 2013.
  1. 徳田悟,永田賢二,岡田真人
    A numerical analysis of learning coefficient in radial basis function network
    第92回数理モデル化と問題解決(MPS)研究発表会 IPSJ SIG Technical Report, Vol.2013-MPS-92, No.9, pp.1-6, February, 2013.
  1. 永田賢二
    顔認知解明におけるスパースモデリングと多点計測データからの情報抽出について
    新学術領域研究「学際的研究による顔認知メカニズムの解明」2012年度冬の班会議(最終班会議), January, 2013.
  1. 徳田悟,永田賢二,岡田真人
    動径基底関数ネットワークにおける学習係数の数値的導出
    電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会, 信学技報,Vol.112, No.345, pp.25-30, December, 2012.
  1. 村田伸,大坪洋介,永田賢二,岡田真人
    シナプス抑圧による偽記憶の不安定化
    電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会, 信学技報,Vol.112, No.345, pp.31-36, December, 2012.
  1. 村田伸,大坪洋介,永田賢二,岡田真人
    シナプス抑圧による偽記憶の不安定化
    電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会, 信学技報,Vol.112, No.345, pp.31-36, December, 2012.
  1. 大野義典,永田賢二,庄野逸,岡田真人
    マルコフ確率場モデルにおけるハイパーパラメータ分布推定
    電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会, 信学技報,Vol.112, No.345, pp.55-60, December, 2012.
  1. 四倉晋平,大森敏明,永田賢二,岡田真人
    スパイクトリガー平均のスパース推定
    電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会, 信学技報,Vol.112, No.345, pp.61-66, December, 2012.
  1. 唐木田亮,五十嵐康彦,永田賢二,岡田真人
    層内共通入力をもつフィードフォワードモデルにおける層間相関
    電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会, 信学技報,Vol.112, No.298, pp.45-50, November, 2012.
  1. 桑谷立,永田賢二,岡田真人,鳥海光弘
    マルコフ確率場モデルを用いた地質情報抽出:観測画像からの不連続構造抽出
    日本地質学会第119回学術大会,September, 2012.
  1. 桑谷立,永田賢二,岡田真人,鳥海光弘
    マルコフランダムフィールドモデルの地球科学における様々な応用
    日本地球惑星科学連合大会2012年大会,May, 2012.
  1. 永田賢二,岡田真人
    ベイズ推定における学習係数とメトロポリス法における平均採択率の関係
    電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会, 信学技報,Vol.111, No.419, pp.83-88, January, 2012.
  1. 大坪洋介,井上純一,永田賢二,岡田真人
    ソーラス符号における量子揺らぎの性能評価
    電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会, 信学技報,Vol.111, No.419, pp.95-100, January, 2012.
  1. 大野義典,永田賢二,庄野逸,岡田真人
    非線形マルコフ確率場におけるハイパーパラメータ推定の決定論的アルゴリズム
    電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会, 信学技報,Vol.111, No.315, pp.17-22, November, 2011.
  1. 萱野健太,永田賢二,岡田真人
    ,三好誠司 変分ベイズ法とMCMCをもちいた画像の修復と領域分割
    第14回情報論的学習理論ワークショップ(IBIS2011), 信学技報,Vol.111, No.275, pp.175-280, November, 2011.
  1. 永田賢二,岡田真人
    メトロポリス法における平均採択率の挙動について
    第14回情報論的学習理論ワークショップ(IBIS2011), 信学技報,Vol.111, No.275, pp.237-242, November, 2011.
  1. 村岡怜,永田賢二,佐々木岳彦,岡田真人
    XPSデータ解析へのベイズ推定の応用
    第四回情報論的学習理論と機械学習研究会, 信学技報,Vol.110, No.476, pp.125-130, March, 2011.
  1. 村岡怜,永田賢二,佐々木岳彦,岡田真人
    XPSデータ解析におけるベイズ推定によるアプローチ
    日本物理学会第66回年次大会,March, 2011.
  1. 永田賢二,杉田精司,岡田真人
    交換モンテカルロ法を用いたベイズ的スペクトル分解
    日本物理学会第66回年次大会,March, 2011.
  1. 大坪洋介,永田賢二,大泉匡史,岡田真人
    シナプス抑圧を持つ連想記憶モデルにおける記憶容量
    日本物理学会第66回年次大会,March, 2011.
  1. 大坪洋介,永田賢二,大泉匡史,岡田真人
    シナプス抑圧を持つホップフィールドモデルの記憶容量
    電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会,
    信学技報,Vol.110, No.461, pp.89-94, March, 2011.
  1. 桑谷立,永田賢二,岡田真人,鳥海光弘
    マルコフランダムフィールドモデルを用いた変成岩温度圧力経路の精密決定
    日本地質学会第117回学術大会,September, 2010.
  1. 桑谷立,永田賢二,岡田真人,鳥海光弘
    マルコフランダムフィールドモデルを用いた変成岩温度圧力経路の精密決定
    日本地質学会第117回学術大会,September, 2010.
  1. 永田賢二,杉田精司,岡田真人
    交換モンテカルロ法による反射スペクトルにおける複合吸収帯の推定
    第一回情報論的学習理論と機械学習(IBISML), 信学技報,Vol.110, No.76, pp.117-122, June, 2010.
  1. 桑谷立,永田賢二,岡田真人,鳥海光弘
    マルコフランダムフィールドを用いた日本列島下マントルウェッジにおける流体分布推定
    日本地球惑星科学連合2010年大会,May, 2010.
  1. 永田賢二,塩塚丁二郎,荒木佑季,井上真郷,岡田真人
    交換モンテカルロ法とクラスタリングによる連想記憶モデルの解析
    日本物理学会 第65回年次大会,March, 2010.
  1. 永田賢二,福島孝治,塩塚丁二郎,井上真郷,岡田真人
    混合ベルヌーイ分布を用いたクラスタリングによる連想記憶モデルの解析
    電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会,
    信学技報, Vol.109, No.461, pp.419-424, March, 2010.
  1. 塩塚丁二郎,永田賢二,福島孝治,岡田真人,井上真郷
    階層的な記憶パターンを持つ自己相関型連想記憶モデルのPCAによる解析
    電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会,
    信学技報, Vol.109, No.461, pp.413-418, March, 2010.
  1. 永田賢二,片平健太郎,岡ノ谷一夫,岡田真人
    変分ベイズ法における確定的アニーリングとハイパーパラメータの部分最適化について
    情報論的学習理論(IBIS)ワークショップ,テクニカルレポート, pp.144-151, October, 2009.
  1. 荒木佑季,永田賢二,岡田真人,井上真郷
    混合Bernoulli分布に基づく変分Bayes法による連想記憶モデルの解析
    情報論的学習理論(IBIS)ワークショップ,ポスタープレビュー集, pp.32, October, 2009.
  1. 塩塚丁二郎,永田賢二,岡田真人,井上真郷
    階層パターンを持つ自己相関型連想記憶モデルのPCAによる解析
    情報論的学習理論(IBIS)ワークショップ,ポスタープレビュー集, pp.70, October, 2009.
  1. 坪井伸子,杉田精司,廣井孝弘,永田賢二,岡田真人
    交差検定法を取り入れた修正ガウス関数法:固体惑星表面の鉱物全球マッピングに向けて
    日本惑星科学会 2009年秋季講演会, September, 2009.
  1. 大坪洋介,永田賢二,大泉匡史,岡田真人
    減衰シナプスを持つ連想記憶モデルの統計力学
    日本神経回路学会第19回全国大会,pp.66-67, September, 2009.
  1. 坪井伸子,杉田精司,廣井孝弘,永田賢二,岡田真人
    交差検定法を取り入れた修正ガウス関数モデルの開発
    第42回 月・惑星シンポジウム,pp.118-122, August, 2009.
  1. 比護貴之,永田賢二,渡辺澄夫
    MCMCサンプルを中心に持つ混合正規分布の最適化による確率的複雑さの計算法
    電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会,
    信学技報, Vol.108, No.480, pp.51-56, March, 2009.
  1. 渡辺澄夫,永田賢二
    統計的推測の状態方程式に関する実験的検討
    電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会,
    信学技報, Vol.107, No.542, pp.103-108, March, 2008.
  1. 永田賢二,渡辺澄夫
    交換モンテカルロ法の温度範囲の設定について
    情報論的学習理論(IBIS)ワークショップ,Vol.10, pp.103-108, November, 2007.
  1. 永田賢二,渡辺澄夫
    交換モンテカルロ法における熱浴型交換率の解析
    電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会,
    信学技報, Vol.106, No.588, pp.155-160, March, 2007.
  1. 永田賢二,渡辺澄夫
    交換モンテカルロ法における交換率の解析
    情報論的学習理論(IBIS)ワークショップ,Vol.9, pp.148-153, November, 2006.
  1. 永田賢二,渡辺澄夫
    交換モンテカルロ法における交換率とカルバック距離の関係について
    電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会,
    信学技報, Vol.106, No.279, pp.43-48, October, 2006.
  1. 永田賢二,渡辺澄夫
    特異モデルのベイズ学習における交換モンテカルロ法について
    電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会,
    信学技報, Vol.105, No.657, pp.73-78, March, 2006.
  1. 永田賢二,渡辺澄夫
    確率的複雑さを用いたベイズ事後分布の最適実現法の提案と有効性
    情報論的学習理論(IBIS)ワークショップ,Vol.8, pp.99-104, November, 2005.
  1. 山崎啓介,永田賢二,渡辺澄夫
    特異モデルにおけるモデル選択法の提案
    電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会,
    信学技報, Vol.105, No.211, pp.7-12, July, 2005.
  1. 永田賢二,渡辺澄夫
    ベイズ事後分布の最適近似法の提案と有効性
    電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会,
    信学技報, Vol.104, No.760, pp.195-200, March, 2005.
  1. 永田賢二,渡辺澄夫
    カルバック情報量の分割による特異モデルの確率的複雑さの計算法
    電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会,
    信学技報, Vol.103, No.733, pp.151-156, March, 2004.
  1. 永田賢二,渡辺澄夫
    カルバック情報量の分割による特異点モデルの学習係数計算法
    電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会,
    信学技報, Vol.103, No.490, pp.67-72, December, 2003.
  1. 永田賢二,渡辺澄夫
    カルバック情報量の分割による特異モデルの学習係数計算アルゴリズム
    情報論的学習理論ワークショップ(IBIS), Vol.6, pp.41-46, November, 2003.
[依頼講演]
  1. 永田賢二
    交換モンテカルロ法によるベイズ推定とデータ駆動科学
    電子情報通信学会信号処理研究会
    立命館大学,August, 2014.
  1. 永田賢二
    交換モンテカルロ法を用いたベイズ推定とデータ駆動科学
    システム制御情報学会研究発表講演会(SCI’14)
    京都テルサ,May, 2014.
  1. 永田賢二
    スペクトル分解と代数幾何
    新学術領域「疎性モデリング」公募説明会
    統計数理研究所,October, 2013.
  1. 永田賢二
    スペクトル分解によるデータ駆動科学
    新学術領域「ELC」「疎性モデリング」合同シンポジウム
    九州大学,September, 2013.
  1. 永田賢二
    スペクトル分解による高次元データ駆動科学
    第9回 学融合ビジュアライゼーションシンポジウム
    東京大学,May, 2013.
  1. 永田賢二
    ベイズ推定によるスペクトル分解
    第1回 東大新領域・KEK連携教育シンポジウム
    KEK(高エネルギー加速器研究機構),September, 2012.
  1. 永田賢二
    機械学習とレプリカ交換法
    第2回 学融合ビジュアライゼーションシンポジウム
    東京大学,January, 2010.
  1. 永田賢二
    ベイズ学習とMCMC法
    東海・東南海・南海地震の連動媒質評価研究ワークショップ
    東京大学,December, 2008.
  1. 永田賢二
    交換モンテカルロ法について
    東京大学岡田研究室セミナー
    東京大学,April, 2008.
  1. 永田賢二
    交換モンテカルロ法とその応用
    JNNS-DEX-SMI 玉川公開講座「神経回路網の理論展開と最先端応用」
    玉川大学,March, 2008.